ダークマンは演じたのがリーアムニーソンじゃなければただのシュールで痛々しいギャグ映画になっていただろうなと思わせられる程度には彼の貢献が大きい!
彼だからこその哀愁とドラマティックよね……
そういう意味ではパート2と3が気になりますが(怖いもの見たさ)残念ながら国内で円盤が発売されることはなさそうですねー

好きって言って!とお願いしたら言ってくれた…やさしい

うちのにょた殺人鬼たちはそこそこ細かいこだわりがあるので、読みはじめてから「解釈違いだった!」となるのを防ぐために設定ページが必要かもしれない(ロストクランの注意書き作る件も忘れてないですよ!)
こういうイメージで読んで!って押し付けるためじゃなく、うちではこういう容姿と性格設定だから好みに合わなければ回避してねって意味合いで。

新しいキャラにはまるたびに供給ゼロの現実に直面して地団駄踏んでるけどよく考えたら夢小説って男キャラメインだもんな……
そもそも映画ジャンルなんて(漫画とかアニメなんかの大手に比べたら)夢サイト自体がぜんぜん少ないもんな〜〜〜〜百合夢ほしい!ってわめいたところでそりゃ無理な話だよな〜〜〜〜〜〜〜〜
でももっと増えてほしいです……

私もイザベル好きです!ってコメントくれるだけでもいいです!
仲間がいるとわかったら勇気付けられます!!

今日はいい推しの日だそうですが私の最推しイザベルちゃんの夢小説がこの世に一つもなくて悲しいので書いてください…おねがいします……
メインじゃなくてもいいです脇役でちょろっと出てるだけでも十分幸せです😭
他の人が書いたイザベルちゃんに触れたい

あのシリーズ、美少女化というよりは「ハロウィンになると湧くタイプのクソ女によるクソコスプレ(原作は観てないしキャラも知らない)」みがある
キャラクターのアイデンティティをことごとく破壊していくスタイル

シャドーはもふもふした動物の画像を集めるのが趣味(狩るのも好き)
ロストとハンターは深海魚とか好きそう
ラム君はひつじに親近感いだいてる

スカウトさんはしょっちゅうグーグルの検索欄に「何を調べるか忘れた」とか打ち込んでそう(疲れすぎてて)

ロストは「あれっ俺何調べようとしてたんだっけーー⁈」「知るか!!」「だよなー」というようなやりとりをメンバーと交わしてそう

しかもそっと寄り添ってきて、相手の胸に手を添えながら真正面からじっと目を見つめてくるんです。アリスさんすき……